幹事は会の目的を忘れないで

イベントや宴会を行う際に、まず幹事が考えるのはその「目的」です。イベントや宴会には必ず目的があるはずです。ですから、それぞれの宴会にはそれぞれの目的があるはずなのです。自分の古くからの友人達との集いなのか、趣味の仲間のイベントなのか、それとも会社のイベントなのか。とにかくその趣旨は様々なものになります。それによって、おのずと演出や企画内容も宴会によって違ってくるはずです。

実際に幹事役を引き受けたら、幹事は宴会全体の企画と演出を考えなければなりません。幹事が複数いる場合には、得意な分野で役割分担することも一つの手でしょう。参加者に少なくとも確実に参加してもらうため、その第一歩として、まず参加すると思われる人に対する根回しをする必要があります。会の参加者が当日間違いなく参加できるように、事前に告知することは間違いなく必要でしょう。

こうしたトラブルを未然に防ぐのが、幹事の役割なのです。また、企画の内容も幹事全員で共有し、漏れのないようにしたいものです。クイズやカラオケ、イベントコンパニオンなど色々と盛り上がる方法を幹事はもさくしていると思います。熱海のイベントコンパニオンなど、宿と連携しながら会を楽しくする手段もあるので、事前に調査もしておきましょう。

おすすめサイト:熱海コンパニオンの予約サイト