必要ならアシスタントを

多くの人数が参加するイベントを主催し、様々な企画を実施する場合、これらのことを幹事ひとりでするのはまずムりです。そこで可能ならば、アシスタントをしてくれる人にお願いしましょう。快く手伝ってくれる善意の人であれば、準備段階のみならず、会場でも、必ず役に立ってくれるはずです。さて、このアシスタントの人選ですが、目下の人が望ましいでしょう。目上の人だと、どうしてもお願いしにくかったりします。アシスタントの中には、必ず女性も入ってもらいましょう。宴会に女性が参加する場合には、女性の意見が必要になります。幹事が女性の場合には、アシスタントとして男性に入ってもらうことを考えましょう。

バスや電車での席順や宴会の座席を決めなくてはならない時は、男女の比率や座る席についても、女性と男性双方の意見を取り入れて、バランスよくすることが望ましいでしょう。

男性だけ、女性だけと偏ってしまうとせっかくの交流の場がだいなしになりますので、気をつけたいところです。出席者が男性だけの場合には、熱海などで手配できるイベントコンパニオンや男性向けの企画を考えるのも一つの手ではあります。男性だけ、女性だけの場合とイベントの中身もかなり変わってきますので、気をつけましょう。