日本刀の名刀「村正」

切れ味のみを追求した刀として知られる村正。

伊勢国(三重県)で活躍した刀匠です。「村正」を名乗ったのは一人ではなく、室町時代から江戸時代初期までの間に、三代は続いていたとみられています。徳川家を祟る妖刀村正の逸話は有名です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*