協会の認定書

協会の認定書というものはあくまでも信頼のおけるものだという考え方は持って頂かなければいかないけれども、それと同時に自分自身も勉強して、納得のいく刀を集めるなり、あるいは勉強するなりしてするということが必要じゃないかと思います。銘のあるもも難しいが、さらに難しいのは銘のない刀で、これは一体だれか―と決めることが難しい。時代、系統まではわかっていても個銘というものがわからぬものは当然なんです。ところが、一般の人々の要求するところはどこかというと、「これは鎌倉時代の、あるいは室町時代の備前物でございます」というと、承知しないのです。無銘でも名刀であれば、個性がはっきりと出ているから、それは決められる。名刀出ないものはとても決められるものではないんです。それをいちいちそういうものに名前をつける。そこに無理があるのです。なかには国と系統というものがわかっていても、その他に時代が、やや問題になるようなものもある。それから国もいろいろ検討しても問題になって割り切れないものもある。それを相談によって、これは何の誰それであるというように決めるのですが、そこに多少ならざる無理が起きる。と同時に他の人がみると違うのではないかという別の意見あ起こる場合がある。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*