No Picture

「天下三槍」

December 15, 2017 admin 0

戦国時代に盛んに使用され、多くの作品が制作された槍。なかでも天下三槍と称された槍がある。蜻蛉切、日本号・御手杵の3本だ。ここでは黒田家に伝わる日本号を紹介しよう。  <日本号>にほんごう・ひのもとごう   正式名称・・・大身槍 名物日本号   作者・・・金房 槍を手がける刀工であれば、一度は日本号の写しに挑戦するといわれるほど美しい名槍で、現在も多くのレプリカが制作されている。現在の柄の部分は青貝螺細貼拵が付属しているが、当時は熊毛製の毛鞘に総黒漆塗の柄が用いられたという。織田信長や豊臣秀吉、福島正則の手を経て、黒田家家臣・母里太兵衛が有することとなった。