語り継ぐ想いと、最高傑作

日本刀にまつわる数々の伝説や逸話などというものを、一度は耳にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか。日本刀というものは、多く人の「思い」とつながっていると言われてきたようです。「古備前高綱太刀」と呼ばれている刀は、古刀期である鎌倉時代に、備前にて、名工・高綱が鍛えたとされており、別名「滝川高綱」と呼ばれていることでも有名なのではないでしょうか。滝川とは、織田信長の家臣、滝川一益のこととされており、太刀は甲信地方の有力者であった武田勝頼を追討した際に信長より下賜されたものとされており、これにより一益は織田家における関東の旗頭となったと言われています。また「後家兼光」と呼ばれている刀は、豊臣秀吉、直江兼続、上杉家、山内容堂というように次々と人の手から人の手に渡ったとされている刀であり、その間にどのようなドラマがあったのかと思いを巡らせずにはいられない日本刀であるのではないでしょうか。また、そのような数ある歴史の逸話残る日本刀を含め、現存する日本刀の中の名刀五振りは「天下五剣」と呼ばれており、各剣の名称と特徴は有名な逸話として語り継がれているのではないでしょうか。「童子切安綱」と呼ばれるものは、国宝第1号に指定された名刀であり、名工、大原安綱が鍛えたとされているようです。名前の由来は、源頼光が「酒呑童子」の首を斬ったこととされています。「鬼丸国網」は、北条時政が所有していたものとされ、夢で時政を苦しめる鬼を斬った刀であると言われているようです。「数珠丸恒次」は、日蓮宗を開いた日蓮上人ゆかりの名刀。仏僧である上人は刀身を鞘に収めたまま、杖として使っていたとされている。「大典太光世」平安時代の名工、三池典太光世の作とされ、足利将軍家より豊臣秀吉を経て、加賀前田家に渡ったとされている。「三日月宗近」は、平安時代の名工、三条宗近の作とされており、天下五剣中で最も美しい剣として有名なのではないでしょうか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*