武士社会と日本刀

武士社会という、ひとつの社会制度が終わるということは、少なからず武士社会にもおおきな影響を与えたわけで、日本刀を紐帯とする様々なようしきも大きな影響を受けていることはまちがいなくいえているというわけですね。ただ、現代社会でも、日本刀のように機能しているのはお金であるといえなくもありません。景気が悪くなると、当時の江戸時代においては日本刀を用いて暴力をふるうひとが後を絶たなかったなどという話も伝わっている通りです。現代ではこのような工具がお金に置かけられているというのは確かであるかもしれません。まるでお金で暴力的にふるまうようになってしまう人がいるということは、当時の日本刀を中心とした社会よりも状況は良くないといえるのではないでしょうか?日本刀を用いた生死を分かつ場面もおおかった江戸時代では、武士のみがその帯刀をゆるされており、全てのてんで武士が優位に立っていたといわれることは確かなのですが、それでも武士であることに誇りをもって生きていた当時の時代の精神を我々も模造刀や日本刀を用いることできちんと受け継ぐ必要があると言う風に考えられるわけです。基本的には社会制度がかわろうとも、本質的な人間の性質はなんら変化しないということは常々言われているわけで、それらの変化を適切に捉え続けている人が現代では活躍しているのかもしれません。大河ドラマで主人公となるような人は、このような点で優位にたっているひとであったという例が題材となることも多いわけです。多くのこどもやおとなが現代で日本刀を目にする機会がもっとも多いのは、このような大河ドラマなどではないかと考えられているわけで、十分に目にする機会はあるという風にもかんがえられなくもありません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*