日本刀と近代

明治時代に入ると、外国からの強大な勢力に立ち向かうようになるため、ある一時期においては、刀の需要が大きくまして日本各地で刀を再び作るというような流れが強くなっていったという風にも、言われているわけです。とりわけ、外国の勢力に対抗していざ戦う羽目になった際には、たくさんの武器が必要であるということを認識していたのかもしれませんが、残念ながら、海外の勢力は鉄砲のような形ではどうすることもできないような兵器を備えていた為、刀が無用のものとなることを知ってしまうことになるわけです。そのような中で、日本も鉄砲などを導入するなどして、どんどんと近代化の波に飲まれていく中で、刀をしてるように命じる法律が施行されるなど、明治維新によって日本の伝統的な刀文化は廃れていってしまうことになるわけです。日本刀と呼ばれるものは、明治以前にほぼ完成していたにも関わらず、明治維新によって全てが台無しにされてしまったという風に言ってしまってもいいかもしれません。それでも、儀式やお祈りなどで使うものとして、日本刀は生産され続けたわけですが、多くの部分においては残念ながらほとんど生産されなくなってしまっているということはとても残念なことであったという風に当時も考えられたのではないかと思われます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*